2015年05月28日

【妖怪ウォッチプラモ】影オロチ作成B

作成中の影オロチですが、
地味に地味に進んでおります。

先週は内職の〆切でヒーヒーしていたのに、
現実逃避気分転換にちょくちょくいじっていました。

えっと、前回までのレポートは、うっかり硬過ぎるエポキシパテを
竜の肉抜きに詰め込んでしまって苦労していたところでした。

さて続きです!

とにかく多い肉抜き部分をせっせとパテ埋めしていきます。
気になるのはここ!
DSC09839.JPG

竜マフラーの背中部分ですが、
ここの肉抜きは竜を差し込む部分になっているのが難点。

そのままパテを埋めると、竜を差し込めなくなります。
竜を差したまま埋めると動かなくなるし。

ってことで、ちょっと下準備。
使ったのはコレです。
DSC09842.JPG

余ってたランナーを小さく切って、

DSC09843.JPG
フタをしてみました。

DSC09845.JPG
フタで埋めきれない部分はランナーを刺したりして、
何とかして竜の差し込みスペースを保護。

このパーツは裏側も微妙に隙間があいていたので、
そっちも保護。
DSC09846.JPG

そして、ポリエステルパテを盛ります。多めに。
DSC09849.JPG

DSC09854.JPG

乾いたら適当にデザインナイフでガリガリ削って、
(簡単に削れるポリパテ最高!!)
ヤスリをかけてやると、
DSC09856.JPG

DSC09857.JPG

割としっくりくる感じに埋まったと思います。
勿論、問題なく竜を差し込むことが出来ます^^

調子に乗って、足の裏の肉抜きにも着手。
DSC09847.JPG

こっちは足首パーツを差し込まなければいけないので、
そこはパテが入らないようにマスキングテープを貼ってみました。

そしてパテを盛って、
DSC09850.JPG

ヤスリ。
DSC09869.JPG

足の裏は、薄〜くパテで覆った状態になりました。

この足の裏には、プラ版を貼っている人のブログも見かけたので
そっちの方が簡単だとは思いましたが、

うちにプラ版はありませんでした…。

基本的に、お金をかけずにうちにあるもので済ませたい主婦魂です。



そんなわけで、着実に進んでいる影オロチ作りでした♪
今現在、もう少しだけ進んでますが
記事が長くなってしまうので今日はここまでで。

☆ブログランキングに参加中です☆

posted by さちこ at 21:37 | Comment(10) | 妖怪ウォッチ・オロチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もうパテとお友達だね★

自分はパテよりプラ板のほうが多用します。
ポリパテは特に苦手です!主に気泡埋めがw
Posted by せんこ at 2015年05月28日 23:07
ぐぬぬぬぬぬぬぬぬぬう〜

なんてツヤッツヤな表面…
こんなの、自分ので見た事ない…(号泣)

そういえば。
エポパテって、ある程度固まって、だけど完全に固まってない状態で作業するっぽいですよ。

こないだの、さちこさんの記事を受けて、
たまたま持っていた「万能エポキシパテ」使ってみたんですよ。
で、せっかちなもんだから、30分もせずにナイフで削ったら、
なんというか、「サクサクッ」っと気持ちいい感触で削れました。
おととい買ったマンガ「アイアンアッガイ」にて、
それが正解だと判明したのでここに報告します。

※アイアンアッガイ。
何故か異様にアッガイに拘るモデラー高校生が、
メタルヒーロー好きな女子の関心を引く為に、
アッガイ寄りなヒーロースーツを自作する。
最初はジャージだったのが、段ボールになり、
石膏になり、FRPになり、挙句は…

という、ちょっとアレなマンガ(笑)です。
Posted by だんきち at 2015年05月29日 09:37
なんかもう、すでに技術的に抜かれてる気がするハルですこんにちは。

さしでがましいようですが、パテって綺麗に整形できたように見えて、いざ塗装!となるとプラとパテの境目がうまく整形できてない(パテの削りすぎなど)場合が・・・特に自分の場合は多くありますので、さちこさんなら大丈夫かと思いますが一応アドバイスさせていただきます。

すごく的確な工作してるので完成が楽しみです( ̄▽ ̄)

アッガイもね(ぼそっ)









Posted by ハル at 2015年05月29日 17:49
久々のコメント失礼します。
実は結構見てました。
私の息子も今年から小学生です。ですので、どうも親近感わいてしまって。
オロチの製作順調ですね。そして丁寧。
私もオロチ作りたくなりました。
あっ、アッガイも期待してます。
私は、ベアッ鎧武の他にも、ライダーッガイ増えましたよー。
Posted by 5saiji at 2015年05月29日 21:17
妖怪ウォッチのプラモデルって酷いんですね、でもきれいしあげていて感動です
Posted by いそ at 2015年05月31日 17:06
>せんこさん

ポリパテ、確かに気泡が困りますね…!

最初は「思ってたほど気泡出来ないな〜♪」なんて思ってたのに
実際にヤスリかけてみると意外とポツポツあいていたりして…(汗)

でも、それでもパテの作業は楽しいです^^
Posted by さちこ at 2015年06月01日 22:49
>だんきちさん

アイアンアッガイ、ちょっと調べて見ました。
あれですね、アイアンマンですね(笑)

そして…

エポキシパテは、半乾きで削るのですか!
そういえば、確かに途中で削った時は割と削れました。
でも固まっても同じように削れると思ったのでしっかり放置して乾燥させたんです…。

そうか…半乾きで削るものだったのか…

そうか…。

…。。。



うん、ナイス情報ありがとうございますっ!
次回(使う機会があれば)、やってみますっ!
Posted by さちこ at 2015年06月01日 22:56
>ハルさん


えぇ、全然大丈夫ではなく
なってますよ?

サフを吹いてみたら
「ここ、ちょっと傷が…!」とか
「パテを削りすぎたかも…!」とか。

サーフェイサーを吹いて初めて気づく、細かなミスの数々…!!


でも今回、気負わずに作りたくてのオロチなので
大きなミス以外はもうスルーで突っ切る方針です。

塗装したら少しは目立たなくなるかも!という
淡い期待も抱きつつ…。

Posted by さちこ at 2015年06月01日 23:00
>5saijiさん

ベアッ鎧武以外のライダーッガイ見ました〜♪

個人的にドライブよりもウィザードが好きなので
ベアッガウィの完成度に驚きです!

あのマントは、布製ですか?


私は当時、ウィザードになれる幼稚園用の給食スモックを息子に作った思い出があります^^

今は娘におさがりしたのに娘は全然使ってくれないんですけどね…。
Posted by さちこ at 2015年06月01日 23:11
>いそさん

妖怪ウォッチプラモは、小さな子供でも作れるようにパーツを大きく作っているからか
どうしても肉抜き部分が多くなっちゃうみたいですね。

ガンプラではこんな肉抜きは見なかったですが、
その分妖怪ウォッチプラモは作りごたえがあります^^

ちょっと手を加えるだけで、素組みとの違いが一目瞭然なので♪
Posted by さちこ at 2015年06月01日 23:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: